カートを見る



「やさしい速読術」
「実践的アウトプット」

動画講座
(1,980円税込)

読書について、
こんなお悩みありませんか?

  • 読むのが遅くてなかなか1冊読み切ることができない
  • 本を読むことへのハードルが高い
  • 「速読」を身に付けたいけど、自分にできるか不安
  • 「つまみ読み」や「ななめ読み」ではなく、全文をしっかりと読みたい
  • 本を読んでも内容を覚えていない
  • 「眼球訓練系」の速読や「右脳開発系」の速読に挑戦したが挫折した
  • 「速読」を身に付けたいけど、自分にできるか不安

そのお悩み解決します!

「やさしい速読術&実践的アウトプット術」オンライン動画講座を受講すれば・・・
標準的なレイアウトの本(1行40文字、1ページ17行)の本なら1ページ10秒~15秒、200ページであれば約1時間で読み切ることができる読書術が、約3時間の動画講座と1日15分のトレーニングで短期間にマスターできます。


「1冊10分で読める!」というような超人的な速読は必要ないけど、「現実的で身の丈に合った速読」を身に付けてもう少し速く読めたら楽なのに・・・という方は是非一度お試しください!


速く読むだけでなく、「効果的に」、「より深く」読むための、超実践的な読書術とアウトプット術も合わせて身に付けることができるので、仕事の現場や資格試験の勉強に、すぐに役立てることができます。

毎日無数の情報が本やインターネットで提供される中、読むのが速い人と遅い人とではどうしても有利不利が生まれてしまいます。

あなたも、「もっと速く読めたらなあ!」と思われているのではないでしょうか。


でも、速読講座の多くは、非現実的なスピードだけを求るものであったり、結局はただの「飛ばし読み」に過ぎなかったりと、「しっかり全文読みたい」という欲求にはなかなか応えてくれません。


しかも、高額で時間がかかるなど、受講のハードルが高いものがほとんど。
 

「やさしい速読&実践的アウトプット術オンライン動画講座」では、1冊10分というような超人的な速読ではなく、誰でも身に付けられる現実的な速読と、効果的に本の内容を身に付けるための読書術、そしてより深く理解するための実践的アウトプット術を、約3時間でお伝えしています(一本の動画講座で完結です。高額なセミナーや教材に勧誘するための「体験講座」ではありません)。
 

講師は、過去10年、2000人以上に速読・読書術を指導してきた、「身につく速読・身につかない速読~1冊1時間を目指す、挫折知らずの現実的速読トレーニング」の著者、渡辺篤志。


社会が大きく変化する中、一人でも多くの方に「学ぶためのスキル」を身に付けてこの時代を乗り越えてもらいたいという想いから、1,980円(税込)という、誰でも気軽に試して頂ける価格としました。

万一効果を感じられなければ全額返金させて頂きますので、まずは一度「やさしい速読&実践的アウトプット術オンライン講座」をお試しください。

受講生の声をお聞きください!

※個人の感想であり、成果には個人差があります
※画像では読みづらい部分もあるので、1枚ずつテキストに起こしています

1分間の読書文字数 620文字⇒1150文字

速読をすることが目的ではなく、速読ができるようになった先を見据えることが大切だと改めて思いました。

そのために質の高い読書をしていきたいと思いました。

脳のメカニズムと自分の技とノウハウすべて体験、知ることができて、とても面白かったです。

(古川まみ様/ 28歳 会社員)

1分間の読書文字数 800文字⇒1400文字

知らないテクニックだらけで非常に勉強になりました。

最初と最後の読書数計測時では、読み方が全く変わったものの、理解度は変わらない形になりました。

読書をするのが楽しくなりそうです。

トレーニングをこれからも続けて、効率的な読書を行っていきたいと思います。

ぜひ知り合いにもおススメしたいと思います。ありがとうございました。

(中野 真史郎様/ 26歳 プロダクトマネージャー(web・アプリ)

1分間の読書文字数 720文字⇒1728文字

初めは本当に早くなるのかと不安でしたが、1日速読のポイントを教えてもらっただけなのに文字数も大きく変化していたのでびっくりしました。

家に帰っても日々30分でもトレーニングして速読を身につけ、沢山の本を読みたいと思いました。

(匿名希望様/ 26歳 主婦)

1分間の読書文字数 960文字⇒1944文字

実際に数を比較して読める文字数が増えたことは驚いたし、受けてよかったと思う。

今後の継続したトレーニング方法も教えてもらったので、自律した練習ができるのでありがたい。

費用・時間対効果という点からも、友人や同僚におすすめしたい講座だった。

(匿名希望様/ 29歳 製薬メーカー会社員)

速読って本当にできるの?

今このページをお読みということは、恐らくあなたも「もっとたくさん本を読みたい」と思っていることでしょう。
 
社会が大きく変わる中、いたるところで「学び続けることの必要性」が問われていますし、毎日無数の情報が本やネット上にあふれている今、読むスピードが速いか遅いかで、どうしても色々な面で差が生まれてしまう。
 
そこで、あなたも「速読」に興味を持たれていると思うのですが、速読講座って高いし時間がかかるし、「速読は不可能」とか「速読はウソ」なんて記事もあるし、「本当に身に付けられるのかな」と思われているかもしれません。
 
まず最初にあなたにお伝えしたいのは、次の2点です。
 
1、1冊を10分で読むような超人的な速読は、普通の人には習得は極めて困難

2、今の2倍~3倍程度の現実的な読書スピードにすることは、長期間の教室通いや高い教材などなくても誰でもできる
 
 
少し具体的にみてみましょう。

標準的なレイアウト(1行40文字×1ページ16~17行)の、ごく一般的な本の場合、多くの人が1分間に読める平均的な文字数はだいたい500文字~600文字です。
現実的な読書スピードとは、それを1000文字~1500文字にする程度です。
 
これぐらいの読書スピードなら、ちょっとしたコツですぐに身に付けられます。長期間のトレーニングも不要ですし、脳科学とか潜在意識とか難しいこともありません。普段の読み方を少し変えるだけ。
 
だから短時間の動画でのレッスン+1日たった15分のトレーニングで、身に付けることができるのです。
 
(※1500文字レベルまではすぐに上がりますが、2000文字~2500文字にするためにはある程度の読み込みが必要です。)


「やさしい速読術」でお伝えしている速読は、基本的に全文をしっかり読み、理解度を保ったままスピードを上げる、いわば「高速で熟読をする」レベルです。


そして実際には、あまりにも速い読み方よりも、むしろこの「高速熟読」の方が活用できるのです。


基本的に速読というのは、本の概要を大まかにつかんだり、必要な情報をピンポイントでつかむ読み方で、細かい理解が求められる文章には向いていません。

簡単なビジネス書程度なら問題ありませんが、少し難解な専門書や資格試験のテキスト、仕事上のメールや大切な書類・資料は、やはり熟読が求められます。


だから、私たちに必要なのは、ひたすら高速で読むのではなく、「丁寧に読む熟読のスピード」を上げていく技術なのです。

「やさしい速読術」が選ばれる5つのポイント


  • オンラインの動画講座なので、全国どこにお住まいでも、何回でも受講可能(PCでもスマホでもOK!)
  • 1回の講座で完結。後から高額なセミナーに勧誘されたりトレーニング教材を購入する必要もありません。
  • 受講料は1,980円(税込)。これ以外は一切かかりません。よくある「入門講座」や「体験講座」ではありません。
  • 習得が困難な「超人的速読」ではなく、誰でもできる「高速熟読」。
  • 効果が無ければ全額返金。

講師紹介

渡辺篤志

改めまして、「やさしい速読術」講師の渡辺篤志です。

私は2005年、合資会社ファイブケイを設立して起業しました。


ファイブケイというのは、「環境・教育・暮らし・健康・高齢者介護」の5つのKという意味で、これからの時代に必要とされる事業をしていきたいと考えていたのです。


最初は自然食品や有機野菜のお店をオープンしたのですが、そのためにはオーガニックや健康、環境などのことも勉強しなければいけませんし、それをビジネスとして成り立たせるためのノウハウも勉強しなければいけません。
そこで2日間で10万円以上する速読講座を受けました。


しかし、「右脳」とか「潜在意識」とか言われてもさっぱり文章を理解することができず、その方法は挫折。

でもそこから「速読」に興味を持ち始め、ありとあらゆる「速読」や「読書術」の本を読んで自ら実践し、「これならできる!」というメソッドをまとめ上げました。



そして5つのKの中の教育事業として速読講座をスタートさせたのです。

これまで10年間、200回以上の講座を開催し、参加者は合計2000名を超えています。



2019年行政書士試験に合格。2020年には高齢者介護の事業に特化した新会社も設立し、2021年には社会福祉士国家試験にも合格。


速読の方法論を教えるだけの単なる講師ではなく、独自の学習理論と夢実現のメソッドを活用した「リアル事業の経営者」だからこその、地に足のついたメソッドをお伝えします。



著書に、講座の内容を書籍化した「身につく速読、身につかない速読~1冊1時間を目指す、挫折知らずの現実的速読トレーニング」があります。

身につく速読、身につかない速読 ―1冊1時間を目指す、挫折知らずの現実的速読トレーニング

「1時間に1冊」という現実的なスピードを目指す事で満足度99%以上を誇る「1day速読講座」を紙上で再現!「速読本では速読は身につかない」という常識を覆します。速読術だけではなく、効率良く本を読むための読書術、本のジャンルによる読み方の違いなど、すぐに実践で使える読書テクニックが満載です。

「やさしい速読術&実践的アウトプット」オンライン講座の内容

イントロダクション~ウォーミングアップ

本を読むのが遅い人は、どうしても一文字一文字丁寧に読んでしまいます。

速読の第一歩はこの癖をやめること。そのために数文字を一つのかたまりとして捉えることが重要になります。

とは言っても、実はそれほど大したことではありません。ちょっとしたコツをつかめば誰でも簡単にマスターできます。

まずは、マンガ本を使って「文字をかたまりで捉える感覚をつかむ」トレーニングを行います。多くの場合、マンガ本を読む時は無意識で速読をしているのですが、その感覚を意識するのです。

やさしい速読術基本トレーニング

オリジナルテキストを用いて、文章を速く読むための基本を身に付けます。意味のない眼球トレーニングや効果の曖昧な潜在意識トレーニングなどは一切行いません。

速読というと、目を高速で動かしたりするイメージがあるかもしれませんが、あまりにも高速で目を動かすと、文章を理解するために絶対に必要な「文字を見る」という行為が雑になってしまうのです。

 文字をかたまりで読むことが出来るようになったら、今度はそのかたまりの文字数を増す、つまり視野を広げることが重要になります。

一般的に、どんな人でも3~5文字ぐらいまでは一度に認識できるのですが、その文字数を増やしていくのです。


やさしい速読術実践トレーニング

読みたい本を使って、実践的なトレーニングを行います。「読みたい本を、読めば読むほど、読書スピードが上がる」トレーニングメソッドをお伝えしています。

さらに、より効果的・効率的に本を読むための「読書術」も身に付けることで、単に速く読むだけではなく、より深く理解することができるようになります。

実践的アウトプット術トレーニング

「本を読んだらアウトプットしましょう」ということは至る所で言われていますが、単純に本の内容をアウトプットするだけでは十分な効果は得られません。

読んだ内容を本当に落とし込むための、「一歩上を行くアウトプット術」を、講師がナビゲーションしながらマスターして頂きます。

速読ができない本当の理由

ものすごいスピードで読む速読ができない理由は簡単です。「不可能なことをやろうとするから」です。

考えてみて下さい。

・100メートルを3秒で走る
・3日間の練習でショパンの「幻想即興曲」を引けるようになる
・料理の初心者が3分でアジをさばく

これらが「不可能」なことは言うまでもありませんね。


1ページを数秒で読んでしまう速読術も、同じようなものだと思ってください。


もちろん、人間の潜在能力がとてつもないものであることは承知していますし、人によってはトレーニングしだいで1ページを2~3秒で読むことができるということを頭から否定するものではありませんが、普通の人間がちょっとやそっとのトレーニングでできるものではありません。


もし、下記のような表現に心当たりがあったら、その方法ではなかなか速読は身につきません。

【速読の誤解1】右脳を活用して写真のようにページ全体を写し取る。
【速読の誤解2】目を高速で動かす。
【速読の誤解3】頭の中で文章を読み上げないようにする。


速読の誤解1 右脳を活用して写真のようにページ全体を写し取る。

良く見かける速読術ですね。見開き1ページを1秒ぐらいで次々とめくっていき、右脳を活性化させてページに書かれている情報を写真のようにとらえる、というようなものです。

脳科学や認知心理学などの学術用語などを用いて説明されていますが、結論から言ってこの手の速読術を目指すのは時間と労力の無駄です。

 

もちろん、このような速読術ができる人がいることは否定しません。芸術的な能力の高い人などもともと右脳が優れている方であれば、文字を見た瞬間にイメージ力で理解できることは実際にあるようですが、私も含めて大多数の人間にできる読み方ではありません。

たとえば、ピアノの初心者がいきなり複雑な和音の曲を両手で弾くことに挑戦するようなものと言えば分かりやすいでしょうか。初心者が目指すべきのは、まずは右手でメロディーラインを弾くこと、そしてそのスピードを速くすることです。これなら少しトレーニングすればだれでも弾けるようになりますよね。

速読の誤解2 目を高速で動かす。

これも良く速読術のトレーニングでみかけるものです。

確かに、速読をする上で目を速く動かすことができれば、有利ではあります。しかし、目を速く動かせることと速く読めることはイコールではありません。

 

目をどんなに高速に動かすことができても、それでは文字の上を視点が滑るだけで文書を理解するまでにはならないのです。

文章を理解するために一番大切なことは、「文字を見ること」です。あまりにも高速で目を動かすと、それが極めて雑になるのです。

さらに言うと、本を読むのが速い人は、目の動きが小さくなります。必要最小限の目の動きで文字を読み取れるようになるので、楽に本が読めるのです。ですので、そもそも目のトレーニングは不要です。

眼球を大きく速く動かすためのトレーニング、本を読むための準備運動としてやるにはいいと思いますが、それだけに時間と費用を費やすのはまったくナンセンスです。

速読の誤解3 頭の中で文章を読み上げないようにする。

ほとんどすべての速読術で当たり前のように「頭の中で読みあげない(黙読しない)」と言われています。「私たちには黙読する癖があるのです。速読するためには、まずはこの癖を無くす必要があります」というのですね。

 

しかし、断言します。黙読をせずに文章を理解することは、普通の人には極めて難しい。

ごく簡単な自己啓発書や自分が良く知っている分野の本であれば、出来ないことはありません。私もできます。なぜなら、すでに多くの言葉や概念を知っており、パッと見た瞬間に意味が理解できるからです。


しかし、それらはもう自分にとっては読む必要のない本であり、知らない分野の本や少し難しい本になったら、黙読せずに理解するこなど到底できません。

 

中には本当にこのような読み方ができる人はいると思いますし、そういう方が速読術の本を書いているのだと思いますが、これはきわめて特殊な能力です。

例えば、表現が適切かどうかはわかりませんが、私の知り合いに生まれつき耳が聞こえない人がいます。その人はもちろん文字の音を知らないので「頭の中で文章を読み上げる」ことができないのですが、読むスピードがとても速いのです。私たちとはまったく違う能力を使って読んでいるのでしょう。

よく頂くご質問

  • Q
    速読はまったく初めてですが、身につきますか?
    A
    はい。必ず身につけることができます。

    当講座でトレーニングしている速読は誰もが普通に持っている本を読む能力を伸ばす方法であり、特殊な能力を開発しないとできないような高度なものではありません。習得するまでの時間は個人差があり、講座終了時には飛躍的に伸びている人もいれば受講後にトレーニングが必要な方もいますが、簡単でお金もかからないトレーニング方法を続けることで必ず身につけることができます。
  • Q
    他の速読講座は何か月もかかったりするのに、どうしてこんな短時間でできるのですか?
    A
    一つは速読のポイントを必要最小限に絞り込んでいることです。

    理論的な話や自宅でもできるようなトレーニングは極力省き、速読をマスターするために必要かつ十分なトレーニングに絞り込むことによって短時間でマスターできるプログラムになりました。


    もう一つは目指す速読のレベルが違うからです。

    多くの速読講座では1分間10000文字とか、1冊を10分とか、とてつもないスピードの速読を目指しています。それはさすがに短時間でできるものではありませんし、マスターするのは極めて難しいでしょう。「やさしい速読術」が目指すのは、1分間あたり1500~2000文字のスピードで本を読めるようになることです。だいたい、一般的な200ページ程度の書籍なら1時間~1時間半で読み終わるスピードだと思って下さい。この程度の速読なら短時間で充分身に付けることができるのです。(トレーニングを続けることで1分間3,000文字は充分可能です。)


    最後に、速読を学ぶために何日も、ましてや何か月もかける必要がないということを、私自身が知っているからです。

    私は一般的な200ページ程度の書籍なら、飛ばし読みなどをしなくても1時間程度で読むことができますが、何か月もかかる速読講座を受けたわけではありません。ということは、何か月もかかる速読講座は必要ないということです。
  • Q
    速読というとどうしても怪しいイメージがあるのですが・・・
    A
    その不安は良くわかります。特に「右脳」だとか「潜在意識」という言葉が頻繁に出てくると怪しく感じてしまいますよね。

    はっきり申し上げて、「右脳でページ全体を見るように」本を読んで理解することなどできません。ごく稀にそういうことが本当にできる人はいますし、人間の潜在能力がとてつもないことを成し遂げることはまったく否定しませんが、普通の人が普通のトレーニングでできるようにはなりません。1冊を10分で読んでしまうとか1分間何万文字という速読はある意味超能力に近いものだとお考えください。

    また、高速で眼を動かす訓練をひたすらするような速読もほとんど意味がないと思って下さい。なぜなら「どんなに速く目を動かすことができても速く読めるわけではない」からです。実際、私はそんなトレーニングはまったく行っていませんが1分間3000文字以上のスピードで読むことができています。
  • Q
    どんな方が受講していますか?
    A
    20代~40代ぐらいのビジネスパーソンの方が大半を占めます。男女比はほぼ同じです。(若干男性の方が多いです)

    目的は様々で、メールや仕事で必要な文書を速く読みたいという方、たくさん本を読んでスキルアップしたいという方、資格試験の勉強のために速読を身に付けたい方などです。高校受験や大学受験を控えた学生さんの参加もあります。
  • Q
    他の速読講座は何か月もかかったりするのに、どうしてこんな短時間でできるのですか?
    A
    一つは速読のポイントを必要最小限に絞り込んでいることです。

    理論的な話や自宅でもできるようなトレーニングは極力省き、速読をマスターするために必要かつ十分なトレーニングに絞り込むことによって短時間でマスターできるプログラムになりました。


    もう一つは目指す速読のレベルが違うからです。

    多くの速読講座では1分間10000文字とか、1冊を10分とか、とてつもないスピードの速読を目指しています。それはさすがに短時間でできるものではありませんし、マスターするのは極めて難しいでしょう。「やさしい速読術」が目指すのは、1分間あたり1500~2000文字のスピードで本を読めるようになることです。だいたい、一般的な200ページ程度の書籍なら1時間~1時間半で読み終わるスピードだと思って下さい。この程度の速読なら短時間で充分身に付けることができるのです。(トレーニングを続けることで1分間3,000文字は充分可能です。)


    最後に、速読を学ぶために何日も、ましてや何か月もかける必要がないということを、私自身が知っているからです。

    私は一般的な200ページ程度の書籍なら、飛ばし読みなどをしなくても1時間程度で読むことができますが、何か月もかかる速読講座を受けたわけではありません。ということは、何か月もかかる速読講座は必要ないということです。
check!

受講特典

今なら受講された方に、こちらの動画講座をプレゼントします!

「新時代の学び論講座」
コロナ禍で世界は大きく変わりました。激変する時代を生きるあなたに贈る、新時代の学び論です。
参加特典

受講特典

無料メールマガジン

     あなたの成長を加速する、<渡辺式>学び論
読書術や勉強法、自己成長につながる内容のメールマガジンを、全100回に渡ってお届けします!

個人情報保護方針

合資会社ファイブケイ教育事業部「やさしい速読術&アウトプット術」(以下、当サービスといいます)は、業務上使用する当社の顧客・取引関係者等の個人情報について、個人情報保護に関する法令及びその他の規範を遵守し、かつ国際的な動向にも配慮して自主的なルール及び体制を確立し、以下のとおり個人情報保護方針を定め、これを実行し維持することを宣言いたします。



1、お客様の個人情報は、当サービスにおける業務上必要な範囲内でのみ利用します。

2、当サービスは、お客様から個人情報をご提供いただく場合は、下記の利用目的のみについて、適法かつ公正な手段によって行います。
※個人情報の利用目的・・・当サービスは、講座の事前・事後の当サービスからの連絡および当日の名簿作成にのみ、個人情報を利用いたします。

3、当サービスは、お客様からご提供いただきました個人情報は、下記の場合を除いては、第三者に開示または提供することはありません。
  1お客様にご同意をいただいた場合。
  2法令に基づく場合や、権限ある官公庁の要請による場合。

4、当サービスは、お客様の個人情報を適切かつ慎重に管理し、個人情報の紛失、破壊、改ざん及び漏えい等を防止するため、不正アクセス対策、コンピュータウイルス対策など適切な情報セキュリティ対策を講じるとともに、予防措置に努めます。

5、お客様の個人情報について、内容の開示、訂正、追加、削除、利用停止等のご依頼があった場合は、お客様ご本人からのお申し出であることを確認させていただいた上で、適切に対応いたします。

6、当サービスでは、お預かりしているお客様の個人情報の保護に関して適用される法令・規範を遵守するとともに、本個人情報保護方針の内容や当社の取り組みを適宜見直し、改善に努めます。

7、個人情報の利用は、収集目的の範囲内で、具体的な業務に応じ権限を与えられた者のみが、業務の遂行上必要な限りにおいて行うものとします。

8、当サービスでは、ヤフー株式会社をはじめとする第三者から配信される広告が掲載される場合があり、これに関連して、当該第三者が、当サービスを訪問したユーザーのクッキー情報等を取得し、利用している場合があります。

当該第三者によって取得されたクッキー情報等は、当該第三者のプライバシーポリシーに従って取り扱われます。ユーザーは、当該第三者のウェブサイト内に設けられたオプトアウトページにアクセスして、当該第三者によるクッキー情報等の広告配信への利用を停止することができます。

クッキーとは、ウェブページを利用したときに、ブラウザーとサーバーとの間で送受信した利用履歴や入力内容などを、お客様のコンピューターにファイルとして保存しておく仕組みです。次回、同じページにアクセスすると、クッキーの情報を使って、ページの運営者はお客様ごとに表示を変えたりすることができます。

お客様がブラウザーの設定でクッキーの送受信を許可している場合、ウェブサイトは、ユーザーのブラウザーからクッキーを取得できます。なお、お客様のブラウザーは、プライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバーが送受信したクッキーのみを送信します。お客様は、クッキーの送受信に関する設定を「すべてのクッキーを許可する」、「すべてのクッキーを拒否する」、「クッキーを受信したらユーザーに通知する」などから選択できます。

設定方法は、にブラウザーより異なります。クッキーに関する設定方法は、お使いのブラウザーの「ヘルプ」メニューでご確認ください。すべてのクッキーを拒否する設定を選択されますと、認証が必要なサービスを受けられなくなる等、インターネット上の各種サービスの利用上、制約を受ける場合がありますのでご注意ください。



以上
2021年2月
合資会社ファイブケイ
代表 渡辺篤志

特定商取引法に関する表記

名称 合資会社ファイブケイ
責任者 渡辺篤志
所在地 埼玉県狭山市水野1249-25
e-mail watanabe@sokudokukenkyukai.com
講座代金 動画講座:1,980円(税込)
商品代金以外の必要料金 各機関所定の振込手数料
お支払方法 クレジットカードまたはコンビニ決済
返金 結果に満足できない場合、全額返金致します。
e-mail watanabe@sokudokukenkyukai.com

追伸


私がここで言うまでもないことですが、今後日本は激動の時代を迎えます。

変化があまりにも激しい時代、「学び続ける人」と「学ぶことを止めてしまった人」とでは、どうしても差が生まれてしまう。
 

そして、「学ぶことを止めてしまう」原因の一つが、「本を読むのが遅い」ということにあるのだと思うのです。
 

少し速く楽に読むことができれば、もっと多くの人に本を読む楽しみや喜びを味わってもらい、その結果自己成長や自己実現を感じてもらえる。


そう思い、少しでも多くの人にお届けできるよう、手軽に受講できる価格とさせて頂きました。
 


想像してみて下さい。
 
もし、基本的な速読のスキルを手に入れたら、普段の仕事や生活にどのような変化が起こるでしょうか?
 

仕事のパフォーマンスが上がり、結果的に収入が増えるかもしれません。

起業や複業などで、自分の好きな事、やりたいことを仕事にできるかもしれません。

人間的な深みも生まれ、家族や仲間から尊敬される存在になるかもしれません。
 
 
恐らくあなたも、「速読は無理なのでは?」とか「速読ってできるの?」と思っていたと思います。
しかし、ここまでお読みいただき、「これならできそう」と思い始められたのではないでしょうか。
 

どれだけ動画が活用されるようになっても、「読む」という行為はなくなりません。
これから先、何十年という間にどれだけ「読む」必要があるか。

 
「やさしい速読術」への投資があなたの人生にどれだけ大きなインパクトをあたえるでしょうか?

 
あなたのご参加を、心よりお待ちしています。
 

合資会社ファイブケイ 速読研究会
渡辺篤志